Skip to content

最近はいろんな業種の風俗店から求人が出されています!

風俗店は色々な営業形態で店舗を運営しています。それぞれ提供しているサービス内容が違いますので、自分にあった店舗を選ぶのが良いです。

今回は風俗店の種類とメリットでデメリットを紹介します。

ベッドで横になる女性

「脱がない・舐めない・触らせない」がスローガンの“ソフト風俗”

世の中には、タイトルのように脱がない風俗があります。こういった形態の風俗店は“ソフト風俗”というカテゴリに属します。

具体的な種類をご紹介します。

オナクラ・イメクラについて

オナクラとは名前の通り、男性のオナニーのお手伝いをするサービスです。男性のリクエストに答えて体勢を変えたりなどがお仕事になります。そのサービスに付け加え、コスプレや何らかのキャラクターになりきるサービスがイメクラになります。また、追加料金でオナニーを見せたり、オナホールなどを使用して、男性の射精をさせるお手伝いもあります。

A メリット

脱がないし、直接肌を触らない・触らせないので精神的苦痛が少ない。

B デメリット

客単価が安いので、回転率が良くないと稼ぎ辛いでしょう。また、形態的にお客さんと密着はしないので、リピーターを得辛いかもしれません。

回春マッサージや性感マッサージなど各種マッサージ

男性の身体をマッサージし、追加料金でローションを使って手コキなどの性的サービスを提供するサービスです。アロマや前立腺など色々な種類がありますが、相手に自分の身体を触られる事はありません。

A メリット

マッサージ技術が身につきますし、オナクラよりは客単価が高いので、一回の収入は多いです。

B デメリット

全身運動になりますので、体力に自信がない方にはあまりおすすめできません。また、お客さんの利用時間が長いので、接客能力が求められます。

いかがでしょうか?ソフト風俗の場合大事なのは、お客さんの回転率と言われます。なので、単純に人が多い繁華街に店舗を構えているパターンが多いので、気になる方は最寄りの繁華街で求人を探すのがいいでしょう。